高血圧症の治療は生活習慣の見直しに加えて、薬が使われます。血圧降下剤はどうやって血圧を下げるのか?身近な疑問にお答えします。

高血圧症の薬と治療高血圧症の薬と治療

homeBBSsitemapLink

高血圧症に関する基礎知識。あなたの飲んでいる薬はどれかな?

合計:
昨日:
今日:

What's new


《新薬ネット》まったく治らない高血圧症・・・新しい新薬を試してみませんか?
高額謝礼金(日給2万〜)あり。登録無料。

※お知らせ
当サイト(高血圧症の薬と治療)は、
別サイト(高血圧治療.com)に移転することになりました。

今後当サイトの更新はなされませんので、ブックマーク及び相互リンク等に関しましては別サイトのほうでお願いいたします。

高血圧用サプリメントのみお探しの方は、高血圧サプリメントを参照してください。

◆高血圧の定義

分類 収縮期血圧(最高血圧) 拡張期血圧(最低血圧)
軽症高血圧 140〜159mmHg 90〜99mmHg
中等度高血圧 160〜179mmHg 100〜109mmHg
重症高血圧 180mmHg以上 110mmHg以上

一般に、”収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の両方、またはどちらか一方を満たすとき”を高血圧と定義し、 ”収縮期血圧が130mmHg未満かつ拡張期血圧が85mmHg未満のとき”を正常血圧と定義しています。 そして、この間を正常高値血圧としています。

高血圧の人だけでなく、正常高値血圧の人も血圧降下剤服用の対象となります。

仮面高血圧とは、診療所血圧は正常であり、非医療環境での血圧値が高血圧状態にあるものを指し、その頻度は一般成人の約10%に見られるとされる。 普段、動悸やほてり感があるのにもかかわらず、医療機関で血圧が低い場合はこれの可能性を疑う必要がある。

高血圧症は自覚症状が極めて少ない疾患ですので知らず知らずのうちに進行していって 脳梗塞や心筋梗塞のような合併症を引き起こすケースが多々あります。身内に高血圧の人がいる場合は 一度測定してみることをお勧めします。

>>高血圧症の病理

>>血圧降下剤の使い方

>>血圧降下剤の種類


[無料診断]今ならもれなく、あなたの傾向と恋人候補データさしあげます

高血圧症の病理

高血圧症の治療

血圧降下剤の使い方

高血圧症の薬




若葉狩り病気情報検索デスクアトピー性皮膚炎の原因と治療相互リンク集
Copyright(C) Wakabagari. All rights reserved.